一般

一般 · 2020/09/06
太古の昔から人間の生命を支え続けてきたケトンは、飢餓状態の単なる補助エネルギーなのだろうか? ケトンは糖と比べ熱効率が高く、かつ、フリーラジカルの発生が少ない理想的なエネルギーである。加齢に伴うインスリン抵抗性があっても、ケトンのエネルギー効率は高いまま維持される。またATP、NAD+、NADP+、CoAなどのヌクレオチド補酵素を充電し、体内の無数の代謝反応を活性化させる。ケトンは、認知症、がん、糖尿病などの慢性疾患を予防・改善するとともに、ハードな運動による疲労消耗からの回復力を高める。 サーチュインタンパク質は、エピゲノムの修飾を維持し、DNA傷害を修復する。ケトンはフリーラジカル発生を減らすだけでなく、NADPHによるグルタチオンのリサイクルを加速し、フリーラジカルを効率的に除去して、DNA傷害を減らす。また、ケトンはサーチュインタンパク質の生成に必要なNAD+を増加させる。つまり、ケトンはサーチュインタンパク質を正常に機能させることで、幹細胞を正常に働かせて、老化を予防するのである。 つまり、人間本来のエネルギーは糖ではなくてケトンってことである。

一般 · 2020/08/23
厄介なことに、鉄は満腹ホルモンであるレプチンを減らし、私たちを空腹にさせます。さらに、糖質、果物ジュース、加工食品、酒、タバコ、鉄サプリは鉄の吸収を促進します。一方、カロリー制限、お茶、野菜、卵、乳製品、ナッツなどは鉄の吸収を阻害します。 鉄欠乏がないのであれば、フェリチンレベルは低ければ低い方が良く、正常範囲の下限にあたる、女性で20-40 ng/ml、男性で50-70 ng/mlが最適となります。鉄過剰がないか、一度フェリチンを調べてみることをお勧めします。 鉄過剰の治療で最も確実なのが献血です。年2回の献血でフェリチンは劇的に低下します。世のため、自身の健康のため、献血してみませんか? 詳しくはFBノート「鉄を除去せよ」をご覧ください。 #鉄 #活性酸素 #ミトコンドリア #フェリチン #献血 #キレート剤 #インスリン抵抗性

一般 · 2020/08/23
最近、「鉄分の不足が体調不良を招く」との考えから、鉄サプリを安易に服用する人がとても多い様に思います。 実は、私たちは、鉄を身体から除去することが出来ません。加齢とともに鉄は増える一方です。ですから、鉄の吸収は、1日の喪失分(約1mg)を補う程度に抑制され、ヘモグロビンの鉄をリサイクルする様、厳しく調節されています。 確かに鉄は酸素呼吸で欠かせない栄養素ではありますが、過剰になれば活性酸素の大量発生を引き起こし、大切なミトコンドリアを傷害するわけで、鉄サプリが健康に良いとはとても思えません。 鉄の過剰は、高血圧、肥満、糖尿病、メタボリック症候群、心疾患、アルツハイマー病、パーキンソン病、がん、肝疾患、腎疾患、骨粗鬆症、感染症、老化など多くの疾患に関わり、インスリン抵抗性により引き起こされる疾患と重なります。実際、鉄の過剰はインスリン抵抗性も悪化させます。

一般 · 2020/07/05
ビタミンDは、脳の睡眠と覚醒の調節に、深く関わることが分かりました。また、ビタミンDは正常な腸内細菌叢を育むためにも必要であることが分かりました。腸内細菌は、脳を含め全ての臓器が機能するために欠かせないビタミンB群を産生し、私たちはそれを利用しています。つまり、正常な睡眠には、ビタミンDとビタミンB群を産生する正常な腸内細菌叢が必要なのです。 深く質の高い睡眠を取り戻すことは、人間に本来備わった修復力を強化し、健康と幸福をもたらします。皆さん、ビタミンDは足りていますか?一度調べてみませんか? 詳しくはFBノート「ビタミンD、腸内細菌と睡眠障害」をご覧ください。 #睡眠 #ビタミンD #ビタミンB #腸内細菌

一般 · 2020/07/05
子供の頃は、毎日、グッスリ眠って、スッキリ目覚めて、元気に満ち溢れていたのに、大人になると、眠りが浅くなり、目覚めが悪くて、体がだるくて起きるのが辛くなるのは何故でしょう?食事、運動と並び、睡眠は健康の3大要因の一つなのにもかかわらず、睡眠障害は世界中で蔓延しており、睡眠薬を飲むしかなす術がありません。 最近になり、睡眠がビタミンDと深く関係することが分かってきました。ビタミンDは太陽の紫外線B波(UVB)により、コレステロールから皮膚が作るホルモンです。 産業革命により、人間は室内で労働するようになり、太陽の下で過ごす貴重な時間を失ってしまいました。皮膚がんやシミを過剰に恐れる風潮も影響し、ほとんど全ての人は、ビタミンDが欠乏しています。

一般 · 2020/06/01
電磁波によるDNA傷害の修復、老化予防、ミトコンドリア機能活性化に、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)が大量に消費される。NAD+を高いレベルで維持することは健康寿命を延長させる。 NAD+を増やすには、電磁波ばく露を減らす、カロリー制限食・時間制限食、運動、水素、マグネシウム、トリプトファン、ナイアシン、NMNなどのサプリ、近赤外線療法が有効である。 電磁場のばく露を可能な限り減らし、電磁波発生源からできるだけ距離を取り、自身と家をシールドし、全ての電化製品のアースをとることが大事である。 私たちの身体は、寝ている間に細胞の修復と再生が起きるので、寝室は電磁波ゼロの神聖な場にすることがとても重要である。 詳しくはFBノート「電磁波の危険性」をご覧ください。

一般 · 2020/06/01
21世紀に入り、送電線や家電などが発する低周波の電磁波や、ラジオ、テレビなどの電磁波に加えて、携帯電話やWi-Fiなど、より周波数の高い電磁波に、四六時中ばく露されるようになっている。5Gの時代になると、携帯電話基地局は現在の100倍に増え、さらに電磁波のばく露が増えることは間違いない。 電磁波防護指針では、非電離性放射線である無線周波にDNA傷害はなく、健康を害する明らかな証拠はないとするが、それは間違っている。 無線周波により細胞のカルシウムチャンネル(VGCC)が活性化し、大量のカルシウム流入により、ペルオキシナイトレイトという強力な抗酸化物質、さらにカーボネイトフリーラジカルが生じ、DNA傷害を引き起すことが判明している。 脳、心臓、生殖器はVGCCが多く、電磁波ばく露による傷害を受けやすい。不安、うつ、自閉症、アルツハイマー病、不整脈、不妊などが、過去20年間で急増している。電磁波過敏症という新たな病気も生じている。電磁波は植物、動物、昆虫、微生物に至るまで、全ての生き物に悪影響を与えている。

一般 · 2020/04/23
エストロジェニックスによる主な健康被害には、肥満、うつ、ホルモンバランス異常、免疫機能障害、血栓、がん、不妊、がある。エストロジェニックスによるエピジェネティクスにより、肥満、がん、不妊などが孫の代にまで遺伝することが分かっている。 エストロジェニックスの被害を減らすためには、被爆を可能な限り減らす必要がある。活性炭でエストロジェニックスを濾過した水を摂取するようにする。絶食により脂肪燃焼を高め、オートファジーを促進することが重要である。また、サウナの利用も有効である。 そもそも、人工化学物質が健康を害さないとの考えが能天気であろう。エストロジェニックスによる生態系の劣化が明白である以上、法の規制を待つのではなく、自ら危険を回避することが重要である。

一般 · 2020/04/23
エストロジェニックスはエストロゲン受容体に結合し作用するエストロゲン様物質の事を言う。主なエストロジェニックスは植物、真菌、除草剤、石鹸・洗剤、着色料、香料、プラスチック、避妊薬に由来する。 プラスチックを代表とするエストロジェニクスは世に溢れ、誰も有害物質と気に留めることはない。エストロゲンの受容体は私たちの身体の全ての細胞にあり、本来わずかなエストロゲンによりホルモンバランスを維持しているのだが、大量のエストロジェニックスによりそのホメオスタシスは危機にさらされている。 エストロジェニックスによる河川・湖・海の汚染は深刻である。残念ながら、水道水もエストロジェニックスに汚染されている。私たちの食卓に上がる魚介類や家畜動物からも多くのエストロジェニックスが検出されている。

一般 · 2020/03/27
がんは細胞核の遺伝子の突然変異により起きると考えられているが、核と細胞質の移植実験の結果は矛盾する。1956年、ドイツのワーバーグ博士は「がんはミトコンドリアの酸素呼吸が傷害され、好気性発酵によりエネルギーを産生する」ことを見出した。この好気性発酵は活性酸素を生じ、遺伝子の突然変異とがん化の原因となる。つまり、がんはミトコンドリア傷害が原因であり、遺伝子異常はその結果生じたものと考えられる。 実際、遺伝子変異に基づく現在のがん治療(手術・化学療法・放射線療法)で、がんの死亡者数は減っていない。がん細胞のみならず正常細胞も傷つけるため、生存してもその副作用で苦しむ人が多い。 ミトコンドリア代謝説に基づく代謝療法では、がん細胞がブドウ糖とグルタミンに依存していることを標的にするものであり、ケトジェニック・ダイエットがベースとなる。身体全体のブドウ糖の利用を減らし、腫瘍細胞が利用できないケトンを増やす。ケトンは腫瘍の血管新生を抑制し、炎症を抑制し、アポトーシスを促進するとともに、正常細胞の代謝を活性化する。

さらに表示する