サプリメント

免疫を支えるビタミンDのその他の重要な機能
サプリメント · 2021/12/13
1)ビタミンDはTh1細胞の産生を減らす。それにより、炎症性サイトカインの産生を減らし炎症の進行を抑制する。(Palmer M.T., J. Biol Chem. 2011))*Th1細胞はヘルパーT細胞の亜型 2)ビタミンDは制御性T細胞の分化を促進させる。それにより、サイトカインストームの重症度を軽減する。(Jeffery L.E., J. Immunol. 2009) 3)ビタミンDはマクロファージや肺上皮細胞に抗微生物性ペプチド・カテリシジン(LL-37)を産生させる。それにより、呼吸器官に侵入するウイルスのエンベロープを破壊し宿主細胞の生存能力を高める。(Barlow P.G., Future Microbiol. 201) 4)ビタミンDとその代謝産物は内皮機能と血管の透過性を調節する。(Kim D.-H., Nutrients. 2020) 5)ビタミンDは重症COVID-19患者の凝固系異常を軽減する。(Sengupta T., Mol. Cell Biochem. 2021)

ビタミンDとレニン・アンジオテンシン系の相互関係(2)
サプリメント · 2021/12/13
ビタミンD3の活性代謝物質であるカルシトリオールは、レニンの発現とそれによるアンジオテンシンII合成を抑制することとACE2発現を刺激してアンジオテンシンIIからアンジオテンシン(1-7)への変換を促進することにより、この影響を最小化する。(Pouya F.D., Int. J. Infect. 2021)このように、不十分なビタミンD血中レベルは重症SARS-COV-2感染症へと発展させる。 さらに、アンジオテンシンIIレベルの増加は1αヒドロキシラーゼ酵素を減少させ、カルシトリオールの合成を抑制するため、ビタミンD欠乏による負の影響を増悪させる。( de Borst M.H., J. Am. Soc. Nephrol. 2011)

ビタミンDとレニン・アンジオテンシン系の相互関係
サプリメント · 2021/12/13
レニン・アンジオテンシン系(RAS)は血圧を調節するために血液量と体血管抵抗を調整する重要な働きをする。アンジオテンシンIIとアンジオテンシン(1-7)はRASを正しく機能させるために非常に重要な因子である。(Simko F., Int. J. Mol. Sci. 2021) アンジオテンシン返還酵素2(ACE2)はアンジオテンシンIIをアンジオテンシン(1-7)に変換する働きがある。アンジオテンシンIIは主に血管収縮に働くが、拮抗するアンジオテンシン(1-7)がないと炎症、繊維化、酸化ストレスを引き起こす。ACE2はSARS-CoV-2の主な受容体であり、SARS-CoV-2はACE2の活性を低下させ、アンジオテンシンIIレベルを増加させ、アンジオテンシン(1-7)レベルを低下させる。この影響はSARS-CoV-2由来の急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を最終的に引き起こす。(Imai Y., Cell Mol. Life Sci. 2007)

ビタミンD3の代謝経路
サプリメント · 2021/12/13
7-デヒドロコレステロールは紫外線により皮膚でビタミンD3(コレカルシフェロール)となる。ビタミンD3は2つのヒドロキシル化(水酸基 -OH の導入)を経て活性化される。まず、ビタミンD3は肝臓で、25-ヒドロキシラーゼにより25(OH)D3(カルシジオール)となり、脂肪組織に貯蔵される。次に、腎臓、免疫細胞、肺上皮細胞や他の器官で1αヒドロキシラーゼにより活性型ステロイドホルモンである1,25(OH)2D3(カルシトリオール)となり、カルシウム代謝を調節するとともに自然免疫系と獲得免疫系を調節する。 ちなみに、ビタミンD3サプリはコレカルシフェロールであり、骨粗鬆症で整形外科医が処方するエディロールやアルファロールなどはカルシトリオールである。

ケルセチンについて(2)
サプリメント · 2021/08/04
イタリアのRCTでケルセチンはCOVID-19患者の入院者数と死亡者数を有意に低下させた。(Di Pierro F, Int J Gen Med. 2021)まだ、臨床試験も少なく、エビデンスは十分とは言えないが、イベルメクチンが手に入らない場合にCOVID-19治療プロトコルで代用する価値はある。 FLCCCのIMASK+プロトコルでは、ケルセチンサプリを予防で250mg/日、初期自宅治療で500mg/日の内服を推奨している。 ケルセチンは玉ネギ(特に外皮)に多い。他にピーマン、サニーレタス、リンゴ、柑橘類、緑茶などにも多い。野菜からケルセチンを摂る場合は、生で食べるのが一番効果的である。

ケルセチンについて
サプリメント · 2021/08/04
ケルセチンは植物ポリフェノールである。ヒドロキシクロロキン、イベルメクチンと同様に、亜鉛を細胞内に運ぶためのイオノフォアとして細胞の亜鉛吸収を助ける。(Husam Dabbagh-Bazarbachi, Journal of Agricultural and Food Chemistry 2014) ケルセチンには抗ウイルス作用、抗炎症作用、抗酸化作用、トロンビン抑制作用がある。ケルセチンは主にウイルスの3CLプロテアーゼを抑制し、SARS-COV-2の複製も抑制する。(Derosa G, Phytother Res. 2021)また、ケセルチンの抗炎症作用はNLRP3インフラマソームの活性化を抑制することによると考えられている。(Saeedi-Boroujeni A, J Inflamm. 2021)

Mgと免疫(2)
サプリメント · 2021/07/29
重症で慢性的なEBV感染症や腫瘍を引き起こすXMENはMgチャンネルであるMAGT1の遺伝的欠損による疾患で、Mgが免疫でセカンドメッセンジャーとして重要な役割を果たしていることを初めて示した。(Li F.-Y., Nat. Cell Biol. 2011)また、MgはHBV感染症から肝細胞癌HCCへの発展の抑制にも重要な役割を果たす。(Liu Y., Oncotarget. 2016) およそアメリカ成人の半分はMgの1日に推奨摂取量を摂っておらず、潜在的なMg欠乏がある。他のMg欠乏の要因には、酒、肥満・メタボリック症候群・糖尿病、慢性疾患(腎臓病、胃腸疾患など)、薬(利尿剤、インスリン、PPIなど)、運動、ストレス、VD欠乏、老化などがある。潜在的なMg欠乏は一般的であり、Mg欠乏は免疫機能を損なう。(DiNicolantonio JJ, Open Heart. 2018)

マグネシウム(Mg)と免疫
サプリメント · 2021/07/29
Mgは600以上の生物学的プロセスの不可欠な補因子である。(Caspi R., Nucleic Acids Res. 2011)Mgは酸化的リン酸化、エネルギー産生、タンパク質合成、糖分解、核酸合成に必要である。(Saris N.-E.L., Clin. Chim. Acta. 2000)Mgイオンは他のイオンの細胞膜輸送で欠かせず、神経興奮、筋肉収縮、心拍リズムを調節する。(Barbagallo M., Encycl. Metalloproteins. 2013) 血清でMgは3つの形で存在し、タンパク質と結合(25%がアルブミン、8%がグロブリン)、キレート錯体(12%)、イオン(55%)として存在する。(Saris N.-E.L., Clin. Chim. Acta. 2000) Mgは免疫と強く関連する。免疫調節性ホルモンであるビタミンDの活性化、炎症反応の抑制、酸化ストレスの低下、T細胞毒性の調節、血管内皮機能の維持、凝固・血栓の抑制などの免疫反応に関与する。(Dominguez LJ, Nutrients. 2021)

サプリメント · 2021/07/19
アメリカ人で、45%が亜鉛を欠乏しています。血中濃度よりも4徴の確認が重要です。 亜鉛と銅の吸収は腸管で競合するので、亜鉛の摂り過ぎで銅欠乏のリスクがあります。亜鉛の過剰摂取は腸管細胞で金属に結合し吸収を阻むメタロチオネインの産生を増やします。メタロチオネインは亜鉛より銅に親和性が高いので、亜鉛でメタロチオネインが高くなると銅の吸収が減ると考えられています。対照的に、過剰な銅は亜鉛レベルに影響しません。銅欠乏の最も一般的なサインは貧血です。貧血が鉄に反応しない場合、銅に反応する可能性があります。 亜鉛は豆、ナッツ、赤肉、シーフードに豊富ですが、植物食のフィチン酸が吸収を阻むので、動物食の方がより吸収が良いでしょう。大人のRDA11mg/日です。 補足)イベルメクチン、ヒドロキシクロロキン、ケルセチンは亜鉛イオノフォア(イオンの生体膜透過性増加)として機能します。イベルメクチンを中心としたCOVID-19治療(ZID外来)は亜鉛、イベルメクチン、ビタミンDが中心となります。
サプリメント · 2021/07/19
亜鉛は自然免疫、獲得免疫の形成に欠かせません。亜鉛はSARS-CovウイルスのRNAポリメラーゼ活性を抑制し細胞内のウイルスの複製を抑制します。(Baric RS,PLoS Pathog. 2010)亜鉛はCOVID-19の予防と治療に有効です。(Mossink JP. BMJ Nutr Prev Health 2020) 免疫機能の他に、抗酸化作用、血液凝固、創傷治癒、DNA転写、細胞分裂、糖代謝、甲状腺機能、気分、ADHD、味覚、嗅覚、視覚に関与します。 私たちの体には正常に機能するために亜鉛を必要とする酵素が300もあり、およそ10万のタンパク質のうちの3000は亜鉛を必要とします。 亜鉛は多くの生物学的プロセスで重要な役割を果たしますが、体は亜鉛を貯蔵しないので、毎日食事から摂取する必要があります。アルコール依存症、ベジタリアン、妊婦・授乳婦、消化管障害、鎌状赤血球症は亜鉛を欠乏しやすいです。 亜鉛欠乏の4徴は、食欲不振、うつ、味覚・嗅覚障害、風邪をひきやすい、です。子供ではフケが多い、爪周囲皮膚の逆むけ、皮疹などがみられます。

さらに表示する