バターを摂ろう!(2)
一般 · 2021/03/04
植物油を全部やめて、飽和脂肪酸が豊富なバターを利用しましょう。乳製品にアレルギーのある方はココアバターがおすすめです。ナッツ、アボガド、オリーブオイル、ラード、鶏肉、豚肉は不飽和脂肪酸が多く注意が必要です。不飽和脂肪酸が少ない反芻動物の牛肉とラム肉がおすすめです。 詳しくはFB特集記事「植物油は肥満の根本的原因である(科学編)」をご覧ください。 #植物油 #不飽和脂肪酸 #飽和脂肪酸 #活性酸素 #ROS #SCD1 #バター #インスリン抵抗性 #ミトコンドリア

バターを摂ろう!
一般 · 2021/03/04
植物油は肥満や糖尿病などの慢性疾患の増加と強く相関します。最近になり、その因果関係は、ミトコンドリアで生じる活性酸素(ROS)がシグナルとなり、細胞を生理的で一時的なインスリン抵抗性にするとする考えにより説明が可能となりました。 インスリンは、体細胞には脂肪代謝から糖代謝に変更させ、脂肪細胞には糖と脂肪の吸収を促して脂肪を貯蔵させます。しかし、ROSによる生理的インスリン抵抗性が生じると、それぞれの細胞の代謝は柔軟になり、糖代謝の選択肢があっても脂肪代謝の継続が可能となります。 飽和脂肪酸の酸化によるROSの産生は多く、生理的インスリン抵抗性が生じ、脂肪が燃焼されます。しかし、不飽和脂肪酸の場合はROSの産生が少ないため、インスリンが効いて、脂肪が貯蔵されます。 さらに、ROSはSCD1と言う酵素の発現を調節して、体脂肪の飽和化を調節します。その結果、飽和脂肪酸/不飽和脂肪酸比はROS産生量を左右し、エネルギー代謝に影響します。つまり、私たちは不飽和脂肪酸で肥り、飽和脂肪酸で痩せるのです。

植物油は危険ですよ!(2)
一般 · 2021/02/14
そのメカニズムとして、6/3比の上昇によりオメガ3脂肪酸の機能低下が関与します。また、植物油は非常に酸化しやすく、過酸化脂肪はフリーラジカルとなって細胞を傷害します。加熱により発生するトランス脂肪酸やアルデヒドなどの副産物による傷害も非常に深刻です。 バターやラードなどの動物油は心筋梗塞のリスクがあり植物油が安全であるとのガイドラインを信じて、植物油の消費を拡大してきましたが、ランダム化比較試験では真逆の結果が出ています。 植物油は人間にとって異物であり、私たちの健康の脅威でしかありません。人工的な植物油を食生活から完全に排除し、自然の恵みである動物油脂に回帰することが望まれます。 詳しくはFB特集記事「植物油は危険である(疫学編)」をご覧ください。 #植物油 #シードオイル #オメガ6脂肪酸 #動物油 #慢性疾患

植物油は危険ですよ!
一般 · 2021/02/14
肥満、糖尿病、心疾患、がんなどの慢性疾患は増加の一途をたどり、現在アメリカ人の10人に6人に何らかの慢性疾患があります。 慢性疾患の原因として、タバコ、運動不足、アルコール多飲、食ベ物が挙げられますが、タバコは年々減少、運動量は年々増加、アルコール摂取量は横ばいであり、急増する慢性疾患との相関を認めません。 食べ物の中で問題視されることが多い穀物と糖の消費は20年前から減少しており、また、肉も鶏肉だけが増加して赤肉は減少しています。そんな中、植物油だけはこの100年で消費が激増しており、摂取カロリーの約20%に至っており、慢性疾患の増加と強く相関しているのです。 植物油の主成分であるオメガ6脂肪酸自体は人間の成長に必要であり不健康なものではありませんが、生きるために必要なオメガ6脂肪酸はごくわずかであり、過剰なオメガ6脂肪酸は数多くの疾患の原因となることが明らかとなっています。 そのメカニズムとして、6/3比の上昇によりオメガ3脂肪酸の機能低下が関与します。

ケト、それは魔法のダイエット(2)
インスリン抵抗性 · 2021/01/17
インスリンを最小限にして、満足するまで食べることが出来る唯一の方法は炭水化物を脂肪に置き換えるケトジェニック・ダイエットになります。炭水化物をほとんど摂らず、肉と緑色野菜からなる低炭水化物高脂肪食(LCHF)を意味します。 LCHF/ケトでLDLが上昇しますが、心疾患や慢性疾患による死亡は、LDLではなくメタボリック症候群、つまりインスリン抵抗性に起因します。LCHF/ケトによりインスリン抵抗性は改善し、全ての人が健康を取り戻すことできます。特に、肥りやすい人にとって、LCHF/ケトは魔法のダイエットと言えるでしょう。 詳しくはFB特集記事「LCHF/ケトの話」をご覧ください。 #ケト #インスリン #脂肪細胞 #LCHF #LDL #ダイエット

ケト、それは魔法のダイエット
インスリン抵抗性 · 2021/01/17
脂肪細胞は他の組織と比較して、極めてインスリン感受性が高いため、体脂肪をエネルギー源として利用するためにはインスリンを極めて低く保つ必要があります。肥った人はインスリンが高いので常に脂肪貯蔵モードに入っており、脂肪をエネルギーとして利用することができません。私たちは食べ物を考えただけでインスリンを分泌しますが、肥った人はそれだけで空腹となり、主なエネルギー源となっている炭水化物をむさぼり食べてしまうのです。 食事ガイドラインは、「食べる量を減らし運動する」、「脂肪、特に飽和脂肪酸を避ける」、「主に植物食を摂る」、とするカロリー制限と低脂肪高炭水化物食(LFHC)を勧めてきました。しかし、カロリー制限は空腹を引き起こすため持続が難しく、炭水化物はインスリンを上昇させて脂肪の燃焼を阻むのです。 持続可能な食事とは、満足するまで食べることが出来る食事を意味します。カロリーを計算せずに、痩せた人と同じだけ食べることが出来なければいけません。

免疫力を強化しよう!(2)
一般 · 2020/12/27
定期的な運動は炎症を抑え、免疫老化を予防します。筋トレで筋力アップしましょう。サウナ・風呂で体を温めることで熱ショックタンパク質が増加し、免疫力を高めます。また、冷水シャワーを浴びることで低温ショックタンパク質が増え、ミトコンドリア機能が改善します。カロリー制限や絶食はオートファジーを活性化し、老化細胞を取り除き、免疫系の若返りを促進します。シードオイルの摂取を止めて、オメガ6/3脂肪酸比を減らすことも重要です。免疫力強化にDHAは特に重要です。最後に、迷走神経を活性化により炎症を抑え、自己治癒能力を高めることも大事です。横隔膜呼吸を身に着けましょう。 不安な気持ちを抱えて、ひたすら逃げ回ったところで、何も解決出来ません。もしもの時に備え、免疫力を強化するために、生活スタイルを見直してみませんか? 詳しくはFB特集「免疫力強化のための基礎知識」をご覧ください。 #免疫力 #肥満 #インスリン抵抗性 #ビタミンD #マグネシウム #熱ショックタンパク質 #絶食 #オートファジー #リノール酸 #DHA #迷走神経

免疫力を強化しよう!
一般 · 2020/12/27
免疫力を強化しよう! 2019年末に発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、2020.12末でおよそ8000万人が感染し、180万人が死亡するパンデミックとなりました。高齢者、肥満、糖尿病、心疾患、がんなどの人が感染しやすいことが判明しています。 COVID-19の特効薬はなく、対症的治療を施すしか手がありません。ワクチン接種も始まりましたが、その有効性は不明です。手洗い、マスク、ソーシャルディスタンスなど、感染を回避する努力は重要ですが、もしも感染した場合に頼りになるのは自分の免疫力だけです。では、どうすれば免疫力を強化できるでしょうか? まずは睡眠の最適化が必要です。概日リズムの調整が鍵になります。次に、インスリン抵抗性の改善が重要です。肥満・糖尿病患者は免疫力が低下しています。栄養素の中でも、VD、Mg、Zn、VA、塩は特に重要です。VD、Mgは万人が欠乏しており、サプリでの摂取が必要かもしれません。

サプリメント · 2020/11/20
水素は害がなく、ほとんど全ての病気に有効です。特に、心筋梗塞、脳梗塞、パーキンソン病、アルツハイマー病、慢性関節リウマチ、潰瘍性大腸炎、糖尿病、脂質異常症、がんの放射線や化学療法などに効果があります。水素水の飲用は、これからの医療を根底から変える可能性を秘めています。 太田先生の話では、来年の1月頃から、250mlで100円の飽和水素水が発売されるそうです。健康のために、誰もが手軽に水素水を飲用する時代は、そう遠くはないかもしれません。 詳しくはフェイスブック特集記事「水素について」をご覧ください。

サプリメント · 2020/11/20
「水素水は健康に良い」という話を聞いて、本当だと思いますか?実は、れっきとした科学に裏打ちされた真実なのです。 2007年、太田成男(しげお)先生は、それまで細胞内で何も機能しないと考えられていた水素分子が、細胞中のヒドロキシルラジカルのような酸化力が強い活性酸素を消去して、細胞の防御能を高めることを示し、世界中を驚愕させました。 以来,数多くの動物実験により、水素の驚異的な治療効果や予防効果が次々と明らかとなり、現在、臨床試験もいくつか実施されています。 水素は組織や細胞の中に迅速に拡散し、酸化還元反応系を乱すこともなく、活性酸素種によるシグナル伝達を阻害することもしません。さらに、水素は遺伝子の発現を制御することにより、抗酸化作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗アポトーシス作用を示し、さらに、エネルギー代謝を活性化させます。

さらに表示する